シンボルツリーのある庭

こんにちは、広報の福島です。
 
 
 
外に出て家を見ていると、

素敵だなーっと思う家を見かける時がありますね。
 
 
  
お世話の手間はありますが

やはり緑があると、とても素敵な印象になります✨
 
 
 
そこで今回は、この「シンボルツリー」について

ご紹介いたします(o^―^o)
 
 
22395728_m.jpg
 
 
 
シンボルツリーとは、

家のシンボルとなる樹木のことを言います。
 
 
 
どんな木を庭に植えるかによって

家の雰囲気はもちろん、

家の中から庭を眺めた時の見た目も大きく違って来るので、

自分の家に合ったシンボルツリーを選びたいですね。
 
 
 
 
🔶シンボルツリーに向いている木
 
 
シンボルツリーの選び方の一つに、

「植えた後の育てやすさ」があると思います。
 
 
 
大型の植物の育成が初めての方...

そもそも植物を育てたことがない方は

「育て方」がとても心配になりますよね。
 
 
 
そんな方は、常緑樹のシンボルツリーがお勧めです。
 
 
 
常緑樹とは、常に緑色の葉っぱを付けた木のことです。
 
 
 
常緑樹のメリットは2点

・常に葉っぱが付いているため、

さみしくなりがちな冬の庭を彩ってくれること

・葉っぱが落ちないため掃き掃除などの手間が不要なこと
 
 
 
人気のシンボルツリー

【シマトネリコ】
 
シマトネリコ.png

シンボルツリーとして見かけることの多い、シマトネリコ。

常緑樹でとても丈夫で育てやすく比較的安価で、

全国どこでも手に入りやすいです。

ただ成長速度が速く伸びすぎてしまうことも多いので、

自分で剪定できるように高さを2~3mに抑えるのがお勧めです。
 
 
 
【オリーブ】
 
オリーブ.png

庭木としてすっかり定着したオリーブ。

ボリュームがあり見た目もオシャレで素敵です。

オリーブは大きくなると強風が原因で

枝が折れたり傷んだりしやすいため必ず選定が必要です。

伸びすぎた枝や細くて弱々しい枝を根元から切り落とします。

また、混み合っている部分の枝も切り落とします。

洋風の庭を造る場合に、今はオリーブは必須とも言えますね。
 
 
 
【ソヨゴ】
 
ソヨゴ.png

ソヨゴは美しい緑色の葉が特徴的な常緑樹です。

乾いたような質感の葉は風に揺れると周囲の葉とこすれ、

カサカサと独特の葉音を立てます。

5月~6月に目立たない控え目な白い花が咲きます。

10月~11月には果実が赤く熟しますが、

残念ながら果実がつくのは雌株だけで

近くに雄株がない場合は実がならないこともあります。
 
 
 
 
🔶シンボルツリーはどこに植える?
 
 
せっかく植えるシンボルツリーなので、

よく目につくところに植えたいですよね。
 
 
 
シンボルツリーを植える場所の王道ととしては、

玄関のアプローチ付近やリビングから見える

庭に配置してあげるとよく映えます。

また、夜にはシンボルツリーを下から

ライトアップしてあげるのがポイントです。
 
 
 
ちょっとオシャレなお店の庭のような雰囲気に🏡✨
 
 
 
外構工事にはまとまった予算が必要となりますが、

シンボルツリーだったら予算を抑えながらも

家の見栄えがよくなるので取り入れて

みてはいかかでしょうか😊

冬の結露対策 ペアガラスってすごい!?

こんにちは、広報の福島です。
 
   
 
今週末は、寒気の影響で連日雪の予報ですね。お出かけの際には十分注意してください。
 
 
さて、そうなると気になるのが「結露」ですね💦
  
 
冬になると、朝から仕事が一つ増えると思うと

なんだか憂鬱ですね。
 
 
 
そこで今回は、結露防止にも有効的な

『ペアガラス』についてのご紹介です(o^―^o)
  
  
_MG_8539_R.jpg
 
 
 
🔶ペアガラスにする一番の目的とは?
 
 
ペアガラスの一番の目的は、断熱効果を高めることです。
 
 
 
窓ガラス1枚隔てて外気の場合、

暖房をつけていても、ストーブを焚いていても、

窓ガラスを触るとすごく冷たいですよね。
 
 
 
これは、窓ガラスから熱がどんどん逃げているからです。
 
 
 
これをペアガラスにするとどうなるかというと...

従来の一枚ガラスに比べて、2倍の断熱効果があります。
 
 
 
🔶ペアガラスの構造はどうなってる?
  
  
ペアガラスは、基本的に乾燥空気を充填させた

2層のガラスでできています。
 
 
 
ペアガラスを検索すると、必ず出てくるのが、

「Low-Eガラス」です。
 
 
 
Low-Eガラスとは、通常のフロートガラスの片側表面に、

非常に薄い金属膜をコーティングしたガラスのことをいいます。
 
 
 
主な働きは、放射率を低く抑えることですが、

簡単に言うと放射しやすいと、熱を吸収しやすい、

ということです。
 
 
 
Low-Eガラスには、高断熱タイプと遮熱タイプがあります。
 
 
 
高断熱タイプは、冬期でも太陽エネルギーを多く透過するので、

室内は暖かくなります。
  
  
  
また、暖房設備から出る遠赤外線を反射するので、暖まった空気を

逃がさず暖房効率を高めます。
  
  
  
遮熱タイプは、夏期の強い太陽エネルギーをカットする一方、

高い外気温度を遮り冷房効果を高めます。
  
  
  
また、冬期は高断熱タイプと同様、室内の暖かさを外に逃がさず、

暖かいお部屋をつくります。
  
  
  
ともに断熱性能はほぼ同じなので、

窓の方角や気候風土に適したタイプを

選択するのが省エネ上手といえます。
 
 
 
🔶様々なペアガラス
 
 
・防犯ガラス + ペアガラス

・アルゴンガス入りペアガラス...乾燥空気の1.5倍熱を伝えにくい!

・真空ガラス + アルゴンガス入りペアガラス

・真空ガラス + 防音ガラス

これらのペアガラスは、リフォームで付け替えることも可能です。
 
 
 
ただ、ペアガラスにすることによって

既存の網戸が使えなくなる場合もあります。
 
 
 
また、100%結露しないわけではありません💦
 
 
 
営業マンが、絶対結露しませんよ~、というような業者だと、

検討しなおしたほうがいいでしょう。
 
 
 
🔶ペアガラスでも結露する場合がある。
 
 
新築で結露対策としてペアガラスにしたのに、どうして?
 
 
なんて方、いらっしゃいませんか?
 
 
ペアガラスでも、100%結露しないわけではありません。
 
 
 
「室温が10℃」で「湿度が60%」の場合、

1枚ガラスが0℃で結露するのに比べて、

ペアガラスは-9℃で結露が発生するといわれています。
 
 
 
でも湿度が10%増えて、70%になった場合は

ペアガラスでも-3℃で結露します。
 
 
 
例えば、北側の部屋で換気されにくい状態だと、

換気が十分で日当たりのよい部屋より結露しやすいでしょう。
 
 
 
ガラスだけペアガラスで、枠はアルミサッシだと

サッシに結露が出来ることもあります💦
 
 
 
結露を防ぐためには湿度が重要ですので、

室内の湿度を下げることがポイントになってきます。
 
 
 
一番の結露対策は、湿度の管理です。
 
 
 
冬場でも、湿気の溜まりやすい場所は換気や除湿に心掛けて、

湿度を管理してみましょう😊

照明器具のお手入れ

こんにちは、広報の福島です。


今日は、「照明器具のお手入れ」についてのお話です✨

IMG_E2738.JPG
 
 
 
皆さん、照明器具ってどれぐらいの頻度でお手入れされていますか?
 
 

照明器具を汚れたままにしておくと、
 
明るさが低下します。。
 
 
例えば、1年間お手入れしなかったら...
 
 
明るさは20~30%も落ちてしまいます。
 
また、汚れの付きやすいダイニングやキッチンなどの照明は、
 
約40%も明るさが低下します😯
 
 
 
省エネ・節電のためにも日頃からホコリ払いだけでも心がけましょう!
 

こんな時のお掃除に役立つのが軍手です!
 
 
照明器具に溜まったホコリには、
 
雑巾代わりに軍手を使うと便利です🎵

まず、ゴム手袋の上に水で濡らして絞った軍手をはめましょう。

照明カバーや電球の拭き掃除はもちろん、
 
デリケートな場所では力加減でき、
 
指先を使えば細かな部分も楽に拭けてとっても重宝しますよ😊
 


お手入れの目安としては、
 
ダイニング、キッチン、洗面所やトイレなどは
 
一週間ごとに拭き掃除するのがおすすめです✨
 
  
お手入れの際は、必ず電源を切ってくださいね☝

結露対策は窓から

こんにちは、広報の福島です。
 
 
 
朝晩には、冬の寒さを感じるようになりました。
 
 
そうなると気になってくるのが「結露」
 
 
結露を防ぐのに大切なものの一つが窓です🏡
 
 
そこで今回は、窓について改めてご紹介いたします(o^―^o)
 
 
 IMG_5883.JPG

(松江市注文住宅H様邸)
 
 
 
ペアガラスの一番の目的は、断熱効果を高めることです
 
 
窓ガラス1枚隔てて外気の場合、

暖房をつけていても、ストーブを焚いていても、

窓ガラスを触るとすごく冷たいですよね💦
 
 
 
これは、窓ガラスから熱がどんどん逃げているからです。
 
 
 
これをペアガラスにするとどうなるかというと、

従来の一枚ガラスに比べて、2倍の断熱効果があると言われています。
 
 
 
 
🔶ペアガラスの構造はどうなってる?

ペアガラスは、基本的に乾燥空気を充填させた2層のガラスでできています。

ペアガラスを検索すると、必ず出てくるのが、

「Low-Eガラス」です。
 
 
 
Low-Eガラスとは、通常のフロートガラスの片側表面に、
 
非常に薄い金属膜をコーティングしたガラスのことをいいます。
 
 
 
主な働きは、放射率を低く抑えることですが、
 
簡単に言うと放射しやすいと、熱を吸収しやすい、
 
ということです。

Low-Eガラスには、高断熱タイプと遮熱タイプがあります。

高断熱タイプは、冬期でも太陽エネルギーを多く透過するので、

室内は暖かくなります。
 
 
 
また、暖房設備から出る遠赤外線を反射するので、暖まった空気を

逃がさず暖房効率を高めます。
 
 
 
遮熱タイプは、夏期の強い太陽エネルギーをカットする一方、

高い外気温度を遮り冷房効果を高めます。
 
 
 
また、冬期は高断熱タイプと同様、室内の暖かさを外に逃がさず、
 
暖かいお部屋をつくります。
 
 
 
ともに断熱性能はほぼ同じなので、
 
窓の方角や気候風土に適したタイプを
 
選択するのが省エネ上手といえます。
 
 
 
 
🔶様々なペアガラス
 
 
・防犯ガラス + ペアガラス
 
・アルゴンガス入りペアガラス
 
・真空ガラス + アルゴンガス入りペアガラス
 
・真空ガラス + 防音ガラス
 
 
 
これらのペアガラスは、リフォームで付け替えることも可能です。
 
 
ただ、ペアガラスにすることによって、既存の網戸が使えなくなる
 
場合もあります。
 
 
また、100%結露しないわけではありません!
 
 
 
 
🔶ペアガラスでも結露する場合がある
 
 
新築で結露対策としてペアガラスにしたのに、どうして?
 
 
なんて方、いらっしゃいませんか?
 
 
ペアガラスでも、100%結露しないわけではありません💦
 
 
 
「室温が10℃」で「湿度が60%」の場合、

1枚ガラスが0℃で結露するのに比べて

ペアガラスは-9℃で結露が発生するといわれています。
 
 
 
でも湿度が10%増えて、70%になった場合は

ペアガラスでも-3℃で結露します。
 
 
 
例えば、北側の部屋で換気されにくい状態だと、
 
換気が十分で日当たりのよい部屋より結露しやすいでしょう。
 
 
 
ガラスだけペアガラスで、枠はアルミサッシだと
 
サッシに結露が出来ることもあります🏡
 
 
 
結露を防ぐためには湿度が重要ですので、

室内の湿度を下げることがポイントになってきます。
  
  
一番の結露対策は、湿度の管理です。

冬場でも、湿気の溜まりやすい場所は換気や除湿に心掛けて、

湿度を管理してみましょう

ヒートショック

こんにちは、広報の福島です。
  
  
  
ひんやりとする日が増えてきましたね。
 
 
 
こんな時にはお風呂が活躍してくれますが
 
その反面、浴室や脱衣所で寒さを感じることはありませんか?
 
 
 
日本の住宅は、リビングと廊下や水回り部分を比べると

約6~10℃の温度差があると言われています💦
 
 
 
そうした暖かい部屋から寒い部屋
 
またはその逆、というように温度が急激に変化した際に
 
血圧や脈拍が上昇または下降して、
 
心臓や血管に大きな負担をかけることで起こるのがヒートショックです🏡
  
 
714212_m.jpg
 
 
ヒートショックが最も起きやすいのは冬場のトイレや浴室と言われています。
 
 
 
浴室事故の70%は脳卒中などの循環器系障害によるもので、
 
ヒートショックで亡くなる人は交通事故死者の約4倍です。
 
 
 
つまり、道路上よりも家の中のお風呂の方が4倍も危険だということです。
 
 
 
 
🔶住宅内で温度差が出やすい場所
 
 
住宅内で温度差が出やすい場所は、以下のエリアです。
 
 
脱衣所
洗面所
浴室
トイレ
廊下
玄関
 
 
特に、肌を露出する「お風呂」や「トイレ」では注意が必要となります。
 
 
 
これらの場所を20℃程度の室温へと調整することで、血圧変動のリスクを
 
軽減する事が出来るとされています。
 
 
 
 
🔶ヒートショックを予防する2つの性能『断熱』と『気密』
 
 
様々な健康被害を引き出すヒートショックですが、
 
原因は「家の中の温度差」です。
 
 
 
家の中の温度差が激しい家とは、
 
「断熱性能」と「気密性能」が悪い家のことです🏡💦
 
 
 
そうした住宅は家全体を暖めるために非常に大きなエネルギーを消費するので、
 
住人は節約の為にリビングやよくいる部屋だけを温めて、
 
使われない部屋や廊下、浴室などは非常に寒い状態で放置されます。
 
 
 
こうして家の中で過度な温度差が生じ、
 
ヒートショックの起きる危険な環境が出来上がってしまうのです。
 
 
 
こうした危険を回避するために住宅を選ぶうえでチェックしておきたいのが、
 
 
 
「断熱性能」と「気密性能」の2つです。
 
 
 
家族全員がヒートショックを心配することなく、

健康で快適に過ごせるのも「健康住宅」のポイントの一つですね😊
 
 
 
「もっと詳しく知りたい!」
 
 
 
という方は、お気軽にご相談くださいm(__)m

暖房事情

こんにちは、広報の福島です。
 
 
 
朝晩が一段と寒くなってきましたね~🍂

この寒暖差で体調を崩さないように気を付けないとですね(=゚ω゚)ノ
 

さて今日は、寒い季節には気になる

「家(断熱)」と「暖房」についてのご紹介です(^―^)

IMG_5883.JPG
(松江市H様邸)
 
 
~冬暖かい住宅における「冬の過ごし方」~
 
 
高気密高断熱の家は、断熱性の高くない家と比べて
 
どうして暖かいのでしょうか?

 
高気密高断熱の家は、家の中の熱が外に逃げにくい
 
魔法瓶のような構造になっています。

そのため、家の中が一度暖かくなると
 
なかなか家の中の室温が下がらないのです。

一方、断熱性の高くない家では、
 
部屋の中を温めても暖かい空気がどんどん逃げてしまい、
 
部屋の暖かさを保つことは難しくなります💦
 
 
この違いは暖房効率にも表れます!

なかなか熱の逃げない高気密高断熱の家では、
 
一度部屋が温まれば後はその室温を維持するだけなので、
 
暖房費も抑えることができるのです(^-^)

eakon_danbou.png

 
高気密高断熱住宅の暖房事情

 
高気密高断熱住宅には、
 
暖房器具で温めた室内の熱を蓄積する仕組みが
 
家の中の随所にあります。

冬の寒さをしのぐために必要なエネルギーは、
 
断熱性の高くない家に比べて
 
はるかに小さくて済みます。


きちんと施工された高気密高断熱+全熱交換型第一種換気の家の場合
 
室温に合わせて、賢く自動調節できる
 
最新のエアコン(もしくは床暖房)がベストです(^-^)

 
高気密高断熱住宅の電気代を下げる方法

高気密高断熱住宅においては、
 
電気代を抑えるためのいろいろな努力は、
 
ほとんど必要なくなるでしょう。

仮にエアコンを24時間稼働しても、
 
一度温度を快適な気温にすれば
 
後はそれを維持するだけ!
 
マンションやご実家などのお住まいに比べて、
 
電気代も、安くなるでしょう。


これから寒い季節がやってきます!

「断熱についてもっと知りたい!」という方は、ぜひアレックス創建まで♪

アフターメンテナンス

こんにちは、広報の福島です。
 
 
 
 
先日、お引渡し後の定期メンテナンスが行われました😊
 
 
お引渡し6か月後から始まり、1・3・5・7・10年の定期点検を
 
させていただいております🔨
 
また、5年10年の定期巡回は重点的に点検し、建物を維持する為の
 
計画的なメンテナンスのアドバイスもさせて頂いております。
   
 
 
家のメンテナンスは、安全に安心して暮らしていくには必要不可欠です。
 
ですが...何をすればいいのか、素人にも出来るのか、不具合をどうやって修繕したら

よいのか分からない事ばかりですね。

アレックス創建では、メンテナンスを通して末永いお付き合いをさせて頂いております😊
  
  
image_6483441 (36).JPG 
 
 
脚立に登って作業中です😊

不具合やご不安な点もしっかりお聞きして、お手入れ方法のアドバイスもさせて
 
頂いています。
  
  
image_6483441 (40).JPG 
 
 
家の中だけでなく、家の外までしっかりと確認👀

様々な項目に沿って、丁寧にチェックしていきます。
 
 
 
今回も、無事にメンテナンスを終えることが出来ました!

定期メンテナンスは、長持ちの大切なポイントですね😊

H様邸引渡し式

こんにちは、広報の福島です。
 
 
 
さて、先日H様邸のお引渡しが行われました😊
 
 
 
H様邸は、完成見学会の会場として使わせて頂き

ご家族の皆様には大変お世話になりました✨
 
 
 
image_6483441 (36).JPG 
 
 
H様邸と言えば。。。

ログハウス風ガレージハウスで吹き抜けリビングに各居室にロフトの
 
間取りのお家です🏡✨
 
 
IMG_5914.JPG
 
IMG_5928.JPG
 
子供部屋は塗り壁によるアクセント壁で可愛らしい部屋になっています。
 
 


引渡式では、お子様が元気に家の中を探索している様子も見られました。

これから、新しいマイホームでの暮らしがスタートですね☆彡
 

 
このお引渡しで、H様邸家づくりも一区切りです。

これからも、末永いお付き合いの程よろしくお願い致します😊

2階建て?平屋建て?

こんにちは、広報の福島です。
  
  
 
22807886.jpg 
 
 
家の基本は「平屋」から始まります。

つまり、その敷地の中に平屋が建つだけのゆとりがあるなら、

平屋で間取りを考えるようにしても良いのではないか?

ということです。
 
 
 
平屋にすることで

様々なメリットがあなたにもたらされるでしょう✨
 
 
 
まず、平屋にすることで必然的に耐震性が高くなります。

家の重心が低くなり2階からの荷重もなくなります。
 
 
 
2階建は平屋よりも重心が高く、

平屋に比べてどうしても不安定になってしまいます。
 
 
 
その結果、重量車両が通ればその影響を受けて家も震動し、

徐々に耐震金物が緩んでしまうことも・・・💦
 
 
 
地震による倒壊リスクが高くなってしまいますよね?
 
 
 
_MG_6392_R.jpg 
 
平屋の場合、地面に対する面も広いため、2階建てに比べると、

遥かに地震の被害を受けにくくなります。
 
 
 
つまり、耐震性が天然で高いことはもちろんのこと、

長持ちするという耐久性で考えてみても、

2階建てよりもメリットはあるということになります😊
 
 
 
この他、コスト面や暮らし面においても、

2階建てとは比較にならないぐらい

たくさんのメリットを享受出来ます。
 
 
 
皆さんも平屋を検討してみては?😊

テレビの置き場

こんにちは、広報の福島です。
 
 
 
お客様とプランのお話をさせて頂いている中で

話題に上がる事が多いのが

テレビは壁掛けにするのか?

置き型にするのか?

という事です。
 
 
 
今日は壁掛け型と置き型のメリットを

お伝えしたいと思います!
 
 
 
~壁掛け型のメリット~
 
IMG_5457.JPG
 
 
 
床面積が小さい部屋でもスペースを有効活用できる。

金具でガッチリと壁に固定するため、

置き型テレビよりも地震の揺れに強くなります。

落下の可能性が低くなって安心です!
 
 
 
見た目もスマートになりますよね✨
 
 
 
~置き型テレビのメリット~

23329799_m.jpg
  
  
比較的自由にテレビの設置場所を決める事ができる。

壁掛けテレビは専用の金具を用意したり

壁に穴を空けたりしなければいけませんが、

置くだけで大丈夫です。
 
 
 
このように色々な事を考えながら間取りを

考えていくといいでしょう😊


🔶🔶H様邸完成見学会開催🔶🔶
 
2022年10月15日(土)~23日(日)
一部 10:00~  二部 13:00~  三部 15:00~
完全予約制

『ログハウス風ガレージ一体型住宅』
・自然素材をふんだんに使った竹林を眺めるリビング
・子供室と主寝室にロフト&勾配天井
・充実した設備(電動昇降式室内物干し・各居室調光式照明)
・珊瑚の塗り壁を使った洗面脱衣室
・全室、珪藻土の塗り壁
・京都の織物布壁紙を使ったクローゼット
・無垢の床材
 
 
■コロナウイルス感染症対策として
従業員のマスク・消毒の徹底
会場内の換気1回/h
完全予約制で1家族様ずつご説明いたします。
 
本物の自然素材にトコトンこだわったお家です😊

見学会では、是非自然素材の作り出す空気をご体感ください!